イブ

0
    今朝の会津は小雨。

    降り始めました。

    相変わらず
    風邪におみまいされてます。

    本日
    ボジョレー解禁日と言うことですが
    取りあえず!
    (良いですかここが肝心)
    取りあえず
    私も注文しました。

    ノヴェッロとヴィラージュヌーボー
    それとエメンタールとミモレットも

    体調が万全になったら
    取りあえず
    (踊らされちゃおっかなぁ〜)
    出来栄えを試してみます。
    (クルクルクル・・・踊ってます)

    もう直ぐ忘年会シーズン!
    今年お世話になった仲間の会に差し入れたいと思います。
    (誰だい?自分用って言った人!出てきなさい)

    はぁ〜

    気がつけばもう年末
    (年の瀬ですなぁ〜)

    忘年会、納会、タイヤ交換、年賀状・・・

    そうそう
    年賀状の家族の集合写真撮らなくちゃ!
    週末の天気大丈夫かな?

    まぁまぁまぁ・・・

    取りあえず
    年末のテレビガイドを買って
    (今年も失敗?)

    おレグザ様で沢山予約します。

    オープン

    0
      今朝の会津は曇り。

      今日は1日曇り予報です。

      健診の結果も概ね良好と言うことで
      昨晩は心を解放してラシーヌでフレンチを楽しんだ私です。

      着座して既にこの開放感
      危険ですなぁ〜
      (心の倹約令解除ガチャ!あいちゃったね)

      何故か
      ワインリストを見ている私
      (エマージェンシー!エマージェンシー!)

      バローロの文字から目が離れません
      (イタリア系呑みたいなぁ〜)

      それでは注文
      師もバローロを支持
      (心の共鳴!ありがとうございます!)

      抜栓しデキャンティングすると
      アロマが広がります。
      (クンクン!クンクン!良質!)



      それでは改めまして
      キャンパァ〜イ!
      (女王陛下に敬礼!)

      両手を胸でクロスさせて
      ウットリしたい気分の私です。
      (おいおい大丈夫かい?)

      料理も良い感じですなぁ〜

      すずきさん


      ステーキさん


      昇華!バローロtoo!

      気がつくとキィヤンティーも昇華
      煙のように消えていく品々達
      (1時間チョットで3名でワイン2本が煙・・・消えましたねぇ〜)

      デザート!
      今日は会津産のお米のリゾット風で



      お米ツブツブまいあぁ〜です。
      (コーヒーにあいますなぁ〜)

      いやぁ〜ごちそうさまでした。

      既にピヨピヨ状態の私は
      約10歩でバー保志さんに移動

      キールロワイヤル!?で
      改めましてキャンパーイ!



      モエだねぇ〜
      (確信犯)

      いやいや
      「満足」ど〜ん!!

      ごちそうさまでした。

      収穫の秋

      0
        今朝の会津は晴れ。

        今日は1日晴れの予報です。

        秋の夜長
        今年呑んだワインとチーズを整理
        (総括するにはまだ早いのですが・・・)

        やはり
        記憶に残るのは
        NIZZA - BARBERA D'ASTI DOC SUPERIORE
        2000 SANT'EVASIO COLLECTION! 
        (うんうん・・・今年1番の収穫ですなぁ〜)

        Sant'Evasioワイナリーの納得の最高傑作ワインでした。

        Gorgonzolaに合いますなぁ〜
        (妄想の世界へ)

        ゴルゴンさんとお豚のアリスタでニッツァさんを一杯
        (うっとり)

        是非もう一度
        ドルチェタイプのゴルゴンゾーラさんとアリスタで
        合わせて食べ呑みしたいですなぁ〜

        イルレガーロさんにお願いしてみます。

        チーズではMimolette

        固めの物を薄くスライスして
        口の中で長めに噛みしめ

        会津娘さんの純米吟醸酒で
        流し込む

        この組み合わせは新たな発見でした。

        残り数ヶ月
        新たな出会いを求めて彷徨いますか!

        桜とワインに酔う

        0
          今朝の会津は晴れ。

          今日は日中16°まで
          気温が上昇するとのことです。
          桜も一層開花するでしょう。

          桜の開花と言うことで
          先週土曜日晩に我が社の
          お花見会が催されました。

          米熊さんの中庭にある桜も満開!
          ライトアップされて綺麗です。

          さらに
          お花見気分を高めたのは
          ワイン!
          (ふふふ・・・)

          この日のために
          シャトーラフルールペトリュス、2005年を用意していたのです。
          (2005年!奮発しちゃったなぁ〜)
          (トルネコはワインの魔力でマヌーサに掛かった)

          ペトリュスが造る極上ポムロール!
          JPムエックスが、ペトリュスと共に手掛けるもうひとつのペトリュス!
          ポムロルの十傑の1つに数えられています。
          (うんうん)

          ペトリュスと同じムエックス家が所有するこのワイン。
          ムエックス家所有の他のシャトーが粘土質土壌なのに対し、
          このワインは水捌けの良い砂礫土壌、
          メルロ種特有のふっくらとした柔らかさも持ちながら
          上品でしなやかな果実味でさらりと飲める味との評価。

          名前の由来は、
          このシャトーがラフルールとペトリュスとの間に
          位置するところから来ています。

          それでは抜栓!
          (グリグリグリ・・・ポン!)

          ワインは紫に近い濃い紫色で、
          プラムやブラックベリーなどの果実香と
          スパイシーなハーブの香りがするとの評価でありましたが
          私は強いブラックベリーの味を感じます。
          (ま〜簡単にまとめるとすご〜く美味い!です)

          このワインの最大の長所はその優雅さと典雅さ。
          そしてふくよかで滑らかな舌触りなのだそうですが
          たしかに飲み比べした
          ブルゴーニュのシャンボルミュジニーの味が霞んでしまう程の滑らかさでした。

          1956年の冷害で葡萄畑を全面植え替えし、
          近年、樹齢が高まるにつれて品質も上昇してきて
          高評価となったこのワイン。

          「何時かシャトーペトリュスやラフル-ルが飲みたい!」

          そんな気持ちが少し満たされた
          お花見会でした。

          取りあえず
          「葡萄畑の住人」クリスチャン・ムエックス氏と、
          その葡萄を世界でもっとも高貴で美しい液体に昇華させる
          ワインメーカーのジャン・クロード・ベルエ氏に感謝です。

          イタリー

          0
            今朝の会津は曇。

            庭に薄ら雪。

            昨晩はネモさんでイタ飯に酔いしれました。
            (スーパートスカーナのネモにも酔いしれました)

            スーパートスカーナと言えば
            「サッシカイヤ」「オルネライヤ」「ソライヤ」、
            ときますが
            ネモは負けていません!

            3大ライアを制覇した人なら「サッシカイヤ」や「オルネライヤ」と言えば
            ボルゲリ地区を思い浮かべると思います。

            ネモはフィレンツェとシエナの間にある、
            「モンサント=聖なる山」
            と言う意味の名を持つ人口
            僅か100人ほどの小さな村の
            ムリーノ・ディ・スカンニという区画に
            1976年に初めてカベルネ・ソーヴィニョンが植えられたところからはじまります。

            当時キィアンティ全盛の時代で
            イタリア本国ではほとんど見向きもされず、
            むしろ海外での評価が高かったそうです。
            そこで、『(イタリア本国では)誰も認めてくれない・・・』
            遊びと皮肉を込めて、
            ラテン語で「誰も〜ない」という
            意味を持つ【NEMO=ネモ】という名前をワインに付けて
            しまったほど・・・

            今ではその平均樹齢は28年になり
            畑もカベルネに最適な土壌と評価されるまでになったそうです。

            まずはイベリーさんで一杯



            お店一杯に広がるオリーブ油で炒められた
            ガーリックの香りは食欲をそそります!

            パスタで一杯



            ふ〜

            美味し!



            やっちまったな〜

            0
              今朝の会津は晴れ。

              風が強く寒いです。

              私は少し頭が痛いです冷や汗

              いや〜昨晩は気持ち良く美味しいワインを飲みました!

              最後に飲んだ、シャトー・ローザン・ガシー 1991
              これが止めでした・・・(ヤッツマッタ〜オラ)

              う〜ん
              マルゴーの2級。(だったでしょうか?)

              たぶん2万円くらい?
              (キャー恐ろし〜!)

              飲みはじめだったら躊躇ったはずなのに・・・

              軽いシャンパンから始まって

              ワイン最初の1本がシャトー・モンペラの白 2007

              開始30分ぐらいでボトル2本完飲・・・
              (アタタタ・・・)

              そしてニョッキやパスタに合わせて

              キィアンティー・クラシコ 2006!

              これも目の前を通り過ぎるように飲んでしまったような・・・
              (ハイ私のお口の一番線にワインの急行列車が通過します〜)
              (今思うとここら辺からおかしかったな〜)

              そして肉料理に合わせてボルドーのローザン・ガシー

              前のワインが若いから古めでなんて・・・
              (オイオイ、「言うよね〜」ハイハイ、「どのお口が言った」)

              O先輩!私と二人で反省しましょうね。悲しい

              ・・・

              足元を見て!(ちょっと千鳥足ですが)
              まっすぐ!(目がかすんでユラユラしてます)

              仕事をしなければなりません!

              反省!・・・今日の私はおさるさん。

              私的チーズ考

              0
                今朝の会津は雨・・・曇り。

                昨晩はけっこうな雨でした。
                さくらはどうなったかな?

                ネットワーク社会の力に恩恵を受けております。
                (おっといきなり)

                私のワイン探しの旅は始まったばかりですが

                ラ・シーレーヌ・ド・ジスクール 2005

                ル・オー・メドック・ド・ジスクール 2001

                の飲み比べに合うチーズを探そう!と言うことで
                フランスのサン・モルゴンを取り寄せました。

                このチーズはフランスのウォッシュと白カビのミックスで原料は牛乳。
                外観は薄いオレンジ色の表皮で薄く白カビに覆われている。
                中身は半生。
                匂いはあまり強くありません。

                パン・ド・カンパーニュ(田舎パン)にのせて食すのが良いと
                ポケットブックには書いてありました。

                食すとウォッシュと言うことで身構えてたが
                なるほど癖が無くまったりしていて
                なんとなくブリ・ド・ムランのしょっぱさが薄いやつ
                のような味がしました。

                う〜ん
                いけそうな気がする。

                ワインは
                ジスクールのセカンドと同シャトーが産地の違うぶどうと配合を変えて作ったワイン。
                某マンガで有名になって入手に骨が折れたが
                味の違いを感じたいと思っています。

                PS.チーズの匂いについては家族から理解が得られず
                  冷蔵庫での保管を断られたため
                  自室で急熟成させ食べきりました。

                  言うまでもなく数日のあいだ自室はまったりしていました。

                  ハァ〜ア・ビバ・ドンドン♪

                北イタリア

                0
                  今朝の会津は晴れ。

                  車は花粉のコーティング・・・
                  今日も大変そうです。

                  昨晩は裏磐梯にある北イタリア料理のお店で美味しいワインの飲み比べをしました!

                  Ada Nada Dolcetto D'Alba 1999

                  La Barbona Gutturnio Riserva 2000

                  (イタリアワインの説明はなかなか難しいと思います)
                  イタリア全土20州に渡って様々な土着品種の葡萄があって、
                  現在、イタリアのワイン法に認められているものだけでもざっと300種は
                  あるそうです・・・
                  と言うことで、知識で感じるよりまずはお味、お味っと!

                  料理は、
                  自家製サラミと生ハム、モッツァレッラの前菜。
                  パスタはゴルゴンゾーラと生クリームをベースに少し胡椒のアクセントを加えたソース
                  (補足:パスタはロングのフェデリーニ、ゴルゴンゾーラはピカンテを風味程度)
                  最後に米沢牛のステーキ、白トリュフと岩塩を利かせたもの
                  (サーロイン部で白トリュフ+岩塩が強めで焦げ目が美味しい)

                  白トリュフあたりが北イタリアでしょうか

                  ワインは、
                  前者はドルチェット種でイタリア語で「甘い」と言う意味なのですが
                  全く甘味の無い辛口(ドライ)でした。
                  しかし!デキャンティングしてしばらくすると
                  ドライ感がだいぶ和らいだような気がしました。

                  チーズをベースにしたパスタにはドライな味が
                  私には合うようです。

                  後者は不明(手持ちの資料では探すことができませんでした)で
                  トスカーナのサンジョベーゼでしょうか?
                  フルーティーな感じでほんの少し甘みを感じました。

                  補足:il Poggiarello のワイン(金ラベル)と判明。
                     Gutturnioというコッリ・ピアチェンティーニDOCの赤ワイン。
                     バルベーラ種とクロアティーナ種から造られるワイン。

                  俄仕込みのワイン知識ですいませんが
                  食事中のシェフの説明や師匠の言葉を心に刻んで
                  次の日、RMPJの本や世界名酒辞典、チーズポケットブック、食材図鑑を読み返す
                  のも楽しくなりました。

                  また機会があったら、その時感じた事をご報告したいと思います。

                  調べながらのアップで修正を加えています。
                  読みづらくさせてすいません。

                  天に一度返しますか

                  0
                    今朝の会津は結構な雨です。
                    日中は8°まで気温が上がるとのこと・・・
                    もう朝の状態で雪が融けてしまってます。
                    庭の雪も融けてしまって芝生が見えてしまいました。

                    「この雪は一度お空にお返し致します。」

                    週末の雪マークに期待!

                    今朝は湿度も高かったのでワインセラーのお掃除をしました。
                    ボルドーのマルゴー村のワインを良く飲むのでセラーで抜栓を待つ
                    ワイン達はマルゴー村民が多いのですが
                    この二人は違います。
                    くるくるドーン


                    その名もザ・ワインメーカーズNo.1,No.2
                    1号2号と呼んでいますが
                    なかなか飲み比べるキッカケがありません。
                    3号が来るのが早いか飲んでしまうか
                    さてさてどうなる事やら。

                    今日はこれからの雪に期待を込めて
                    ネットでシングルモルトのウィスキーでも探してみるかな〜

                    シェリーオーク!奮発して18年ものでも!マッカラン!!
                    (12年だったら3千円代で買えるんだもん)

                    瓦灯を飾ってうっとりしながらこっそりマッカランでも飲んで〜

                    なんて・・・

                    いい感じ、いい感じ・・・

                    ドメーヌ・アムラン

                    0
                      秋田の地でシャブリ・プルミエ・クリュ・ボーロワ/ドメーヌ・アムランを飲んだ
                      岩ガキは3日続いた悪天候で市場に無く
                      食べることはできなかった
                      (とほほ・・・)
                      シャブリはやはりドイツの白とは対照的で渋みや酸味も少なく
                      ドライで美味しいワインであるだけに
                      ねらった食材が無かったのは惜しかった
                      (やっぱり、とほほ・・・)
                      片道5時間のバス移動
                      そういえば去年、某団体で体験してるから大丈夫
                      なんて考えていたが「あまかった」
                      (う〜ん腰が・・・とほほ・・・)
                      それで次の日の今日!その某団体の総会がある・・・
                      (いつ帰れるのかな〜とほほ・・・)
                      そこで久し振りに一句
                      疲れてる心と体は秋の夕暮れ

                      日本眼科医会東北ブロック講習会に参加した皆さんお疲れ様でした。
                      講習会で得た知識を現場に活かし地域に貢献してください。
                      May The Force Be With You!

                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM