<< 本気応援団長 | main | 香る味と書いて >>

本気について

0
    今朝の会津は雨。

    1日めーあーです。

    昨日は最近テレビで感涙した松岡団長について触れました。

    もう一度あの「熱血!本気応援団」(松岡修造の情熱チャージ)
    を見て団長をさらに理解するために
    「本気になればすべてが変わる」(生きる技術をみがく70のヒント)
    を読んでみました。

    ブラウン管の団長はキラキラ輝いて見えます。
    (早く地デジ対応のテレビが欲しい!)

    ある投稿サイトでは、熱いとか炎の妖精とか言われていますが
    私には羨ましく思えてならないのです。

    本のあとがきにもありましたが

    団長が多く受ける質問は
    「どうすれば“本気”になれるのですか?」だそうです。

    団長の“本気”とは
    “あるがまま”なのだそうです。

    また、団長は「熱血」と称されることを自覚されていますが
    ご本人はどちらかと言うと冷静にものごとを考え
    地道に進んで行くタイプで
    自分のことを決して熱いと思ったことはないんだそうです。

    これは70のヒント(団長が実践してきたこと)を読んで
    強く感じるのですが。

    周囲が感じる団長の無意識の直向きさは
    自分で自分を見つけるための努力の過程や結果を“楽しむ”ことの
    できた人の境地なのではないかと思います。

    私が羨ましく思った部分はこの部分であり

    この境地に達した人だからできる
    子供達が“変わろう”と努力した瞬間に出てくる
    細かな言葉や表情に一つ一つ反応し共感して
    “あるがまま”に応援している姿なのだと思います。

    より人生を楽しむために
    “本気”の積み重ねが必要だと思います。

    そのためにまずは
    本に習って自分の取り扱い説明書を作って
    自己分析してみたいと思います。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM