<< 分類開始! | main | 私設【明日の種に】No.3 >>

ア・チォー!

0
    今日の会津は雲が多いです(朝6時の空です)

    先日ドラゴンキング○ムなるカンフー映画を観た!
    ジャッ○ーvsジェッ○リー

    このタイトルに胸躍る者は私だけではないはず。ときめき

    【ネタバレしないように映画ではなく私のカンフー映画感について話します】

    私のカンフー映画好きは子供の頃まで遡る

    それはまだ私の中にカンフーという概念がなかった頃

    Gメン75(深作欣二が構成をしていた硬派は刑事ドラマ)の香港カラテシリーズが
    私のカンフー映画好き(格闘技好き)の基礎の部分にあたる。

    当時「8時だよ全員集合」が終わると子供は寝る時間であったが、
    私の家では大みそかとGメン75の香港カラテシリーズの時だけは
    9時以降のテレビがゆるされていた・・・

    必ず香港カラテシリーズには香港カラテ軍団の中心人物であるヤン・シーという
    マッチョな殺し屋が筋肉をビキビキいわせたりクルミを握り潰しながら登場していた。
    (私は登場する度に「まってました!!」と心で拍手していた)

    当時間違いなく私の中では「ヤン・シーが世界最強の殺し屋だった」
    (中学になって世界最強はゴルゴ13に変わったが・・・)

    Gメン75の話になってしまったがこの頃は
    まだ「香港カラテ(カンフーではなくカラテ)」であり
    カンフー(功夫)という言葉を知ったのはブルー○・リーのドラゴンシリーズを観て
    からだと思う。

    さらにカンフー映画とういうジャンルが私の中で意識されたのは中学になって
    ジャッ○ーの○○拳シリーズを観てからだった。

    香港カラテと燃えよド○ゴンで形成された香港に対する世界観は

    ・悪い人達はみんなカンフーの達人で麻薬を扱っている。
    ・貧しい生活をしているが善人で本当に努力して達人になった人もいる。
    ・悪さも度が過ぎると懲らしめられる

    であった。

    ジャッ○ーの映画のシナリオの舞台は香港から中国に移ったように思うが

    ・悪い人達はカンフーの達人
    ・善人が努力してカンフーの達人になる
     (老人ユエ○・シャオティエンに指導される)
    ・悪が懲らしめられる

    このポイントは変わらなかったと思う。

    私の中でカンフーヒーローはヤン・シーからブルー○・リー、ジャッ○ーチェン、リー・リ○チェイへと
    変わり

    このドラゴン・キングダムで後者である2大スターが共演する
    のだから観る前から最高なのである。

    これからもカンフー映画(片腕ドラゴン、ジミー・ウォ○グや少林寺三十六房、
    リュー・チャー○ィー) について熱く語りたい。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM